予防歯科

予防歯科は虫歯に「なってしまってからの治療」よりも虫歯に「なる前の予防」という考えを原点としています。
毎日の歯みがきによるホームケアと歯科医による定期検診により、虫歯になる前に虫歯のもとを取り除く治療です。 歯みがきだけでは虫歯菌を完全に除去することが出来ません。歯ブラシが届きにくい奥歯の裏側や歯の隙間、歯と歯肉の境目にある歯周ポケットには虫歯の原因となる細菌がたくさんいます。歯科医によるプラーク・歯石の除去と、患者さま自身の毎日のケアの両方があってはじめて虫歯の予防につながります。

歯を失わない秘訣は「定期検診」

年を取っても歯の数を減らさず、美味しい食事をし続けるために重要なのは「定期検診」です。
下のグラフは定期検診を受けている人と日本人の平均的な「口の中で残っている歯の本数」を年代別に追ったグラフです。ヒトは永久歯に生え変わると親知らずをのぞいて28本の歯があり、年を取るごとにどちらも減っていますが、定期検診をきちんと受けられている方々は加齢による歯の減少が少なく、80代になっても20本以上自分の歯を残しています。
日本では、まだまだ予防歯科や定期検診が普及しておらず、定期検診を受けていない歯の本数は50代ごろで大きく差がついている現状です。

「健康保険適用」のデンタルクリーニング

毎日歯みがきをしていても、どうしても細かい汚れがついてしまったり、歯ブラシでは届かない歯の間や隙間は、患者さま自身のみのケアでの限界です。そこで、私たち歯科医による「プロフェッショナルクリーニング」の出番となります。ホワイトニングは歯を白く美しくする美容的な側面から自由診療となりますが、このプロフェッショナルクリーニング虫歯や歯周病に対する治療行為にあたりますので、保険が適用されます。専用のクリーニング用の機材を使用し、歯みがきでは落ちない汚れや細かいバイオフィルム(細菌のかたまり)や歯石を除去し、歯周病や虫歯の予防や口臭をシャットアウトします。