入れ歯

入れ歯は歯の代わりに食べ物を噛むだけでなく、発声や外見などにも大きく影響します。
義歯技術の向上により、「より自分の歯に近い入れ歯」が実現しています。見た目が入れ歯とわからない審美性に優れたものや、より軽く・薄く・機能的な入れ歯へと進歩しています。
当院では保険・自費診療を問わず、患者さまとよく話し合いご納得いただいた上で、最適な第二の歯をご提案致します。

「入れ歯を変える」という選択

磁石式入れ歯

インプラント

インプラント治療は、歯を失ったときの治療法として近年注目を集めています。入れ歯・ブリッジと違い、歯を失ったところにインプラント体(チタン製の人工歯根)を直接顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けることで天然の歯と変わらないほどの噛み心地までに回復させられます。
身体状態などや持病によっては治療が不可能な場合もありますので、医師との十分なカウンセリングが必要です。お気軽にご相談ください。 しっかりとご説明をさせていただきます。

自分の歯のように食べ、話せます

インプラントに使用されるチタンやジルコニアは、人体との親和性が高く骨と結合する働きがありインプラント材の土台として利用されています。入れ歯のように取り外す必要がなく、食事や歯みがきも自分の歯と同じように行え、口内の違和感も少なく、発声なども不自由がありません。
便利で快適なインプラントですが、デメリットもございます。骨や持病なども健康状態によっては希望されても治療が難しい場合がございます。また、治療期間が長くなるうえ、治療後も定期的なメンテナンスや検診が必要です。

当院ではストローマン社製のインプラントを採用しております

実は世界には100社をゆうに超えるインプラントメーカーが存在します。
中には、激安値段のインプラントもありますが、研究による科学的裏付けが無く、他のブランドのマネをして作っているメーカーも存在するのです。

当院においては、
長期安定に定評のあるストローマン社製のインプラントを採用しております。
ストローマン社は世界中で高い信頼性を獲得しているインプラントの一流ブランドです。その品質は半世紀以上の長期にわたる良質な研究に裏付けられており、患者さまにとっても、また医師の立場においても安心、信頼できるインプラントを提供してくれています。

ストローマン社の詳細はこちら

インプラントは入れ歯の維持にも応用できます