口腔がん を考えるシンポジウム

2019年05月09日

こんにちは。

阪急西宮北口駅からスグの歯医者

あおばヒロ歯科クリニック

副院長の水尻美香です。

 

 

 

 

3月17日、「地域の口腔がんを考えるシンポジウム大阪」に参加してきました。

 

口腔・咽頭がんでの死亡率はアメリカの19.1%に対し、日本はなんと46.1%

先進国では唯一死亡者数が増えているがんとなるそうです。

 

テレビでの報道もあり、患者様からも質問をたくさんいただきます。

この口内炎、大丈夫ですか?

若くてもなりますか?

などなど。お口のがんに対して関心が高まっています。

 

そこで口腔がんの基本的知識です。

 

口腔がんで多いのが舌と歯ぐきにできるがんです。

とくに口腔がんの60%が舌がんです。

 

年齢は40歳代後半から80歳くらいまでが一番多くなります。

ただ、わずかですが、20歳からの患者様もいます。

国内の罹患者年齢は9歳~92歳!

若いから大丈夫ではないんですね。

さっそくスタッフ一同、情報を共有しました。

 

一般的には口腔がんになるまでには5~10年くらいの期間がかかるといわれています。

その間に、将来口腔がんになる要素(虫歯で歯がとがっている。合わない入れ歯を使っているなど)を取り除いてがん化の可能性を低くしていくことはできそうです。

 

こんな症状はありませんか?

 

□2週間以上治らない口内炎はありませんか。

□お口の中に白い斑点や赤い斑点はありませんか

□盛り上がったできものや硬くなったところはありませんか

□顎の下と首の脇に腫れはありませんか。

出典:(公社)日本口腔外科学会

 

口腔がんは術後のQOLが著しく下がるので、早期発見、早期治療が効果的。

ご心配なときはぜひスタッフに気軽に声をかけてくださいね。

 

西宮北口 阪急西宮ガーデンズ真横の歯医者さん
あおばヒロ歯科クリニック

〒663-8204
兵庫県西宮市高松町19-9 プレミスト西宮北口2F
TEL:0798-67-6480