小児床矯正のお話 その1(叢生)

2018年12月13日

こんにちは。

阪急西宮北口駅  東出口から徒歩3分の歯医者

あおばヒロ歯科クリニック

院長の水尻 大希です。

当院では、お子様の歯列矯正についてよくご相談を受けます。

子供の時期の歯ならびについては親御さまも関心が高く

「早く対策したほうが良いのでは」と心配されています。

歯列不正の種類はいろいろありますが、

今回は「叢生(歯ならびのスペース不足)治療のための床矯正」に的をしぼってお話させていただきます。

 

お子様の歯列矯正では

生え変わりの時に行う1期治療(主に床矯正)

大人の歯がある程度生えてから行う2期治療(ワイヤー矯正)

と2期にわたる治療が必要となることがあります。

 

今回は床矯正がテーマですが、床矯正は、成長を利用して顎を広げる治療です。

お子様によっては、1期治療の床矯正を行うことで、

ワイヤー矯正をしなくてもよくなったり、

もし、ワイヤー矯正をすることになっても、歯を抜く必要がなくなったり、

治療が楽になるというメリットがあります。

当院の小児床矯正

床矯正は下の前歯の永久歯4本が萌出してくる6~8歳の頃に診断し、床矯正が有効、メリットが大きいと判断されれば、そこから治療を行います。

装置をはめることできるかな?と心配されますが、

お子さまは適応能力が高いので、大丈夫なことが多いです。

 

ただ、叢生がある全てのお子様で床矯正がベストとは言い切れません。

「床矯正のみできれいな歯並びを達成出来る症例」

というのは思った以上に限られています。

現代の子供は歯のサイズが大きいので。。。^^;

顎を広げても入りきらないこともあるのです。

 

逆に、軽い叢生の場合では、

装置を入れなくても、成長とともに顎が発達して正常な歯並びになることもあります。

こちらは、注意深く定期観察することで診断していきます。

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

長くなりましたが、お読みいただき有難うございました。

院長 水尻大希

 

当院矯正費用(自費治療)ご参考項目

1期治療(床装置費用) ¥300,000+消費税

1期治療後の2期治療(ワイヤー装置費用) ¥300,000+消費税

永久歯列からの矯正(ワイヤー装置費用) ¥600,000+消費税

診断料 ¥30,000+消費税

歯列管理料(月額) 1期治療:¥4,000+消費税

歯列管理料(月額) 2期治療:¥5,000+消費税

 

 

西宮北口 阪急西宮ガーデンズ真横の歯医者さん
あおばヒロ歯科クリニック

〒663-8204
兵庫県西宮市高松町19-9 プレミスト西宮北口2F
TEL:0798-67-6480

 

口コミ、評判