親知らず(智歯)  抜く?残す?

2018年11月19日

こんにちは。

阪急西宮北口駅  東出口から徒歩3分の歯医者

あおばヒロ歯科クリニック

院長の水尻大希です。

 

当院では、親知らず(智歯)の抜歯に関する

ご相談、処置も少なくありません。

そこで、今回は

当院の親知らずに関する指針をお伝えし、

横向きにはえている親知らず

情報共有をさせて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

親知らずの抜歯についてはメリットとデメリット(リスク)があります。

そのため、抜歯に関してはしっかりご相談した上で行うのが望ましいです。

 

まず、メリットとしては、

親知らず付近がブラッシング不良でむし歯になっている、

歯茎が頻繁に腫れるなどの症状に悩まされる場合は

抜歯によって改善が見込めます。

ただし下記のようなデメリット(リスク)もあります。

①下の智歯の場合は術後に腫れる、青あざが出ることがある(一時的)

(上の智歯抜歯は術後の疼痛も控え目で腫れも出にくい)

②抜歯した親知らずの手前の歯の歯根が露出し、シミることがある(多くは一時的)

③他の奥歯がダメになったときのスペアが無くなる(智歯移植できなくなる)

④下顎の神経に近いと、術後に顎の感覚麻痺が残る場合がある

 

デメリットの中でも一番避けたいリスクは④ですが、

当院では 親知らずの抜歯に先立って、

色々なリスクの診断を歯科用CT撮影(3次元・立体のレントゲン画像、保険適用)にて行います。

 

 

 

 

 

黄色で示すラインが下顎の神経(下歯槽神経)です。

普通のレントゲンでは見えないような神経の枝分かれなど

が確認される場合もございますため、特に下顎の場合は撮影することが多いです。

(これは当院の方針であり、状況によりCT撮影が不要のこともあります。)

このように抜歯に伴うリスクの診断を行い、

得られるメリットとデメリット(リスク)をご説明した上で、

ご希望されれば親知らず抜歯を行います。

まれに、当日抜歯をご希望されて来院される方もおられますが、

特に下顎の場合は初診当日は消炎処置に留め、当日抜歯を行わないことがほとんどです。

安全性を確認するためのひと手間ですので、ご理解いただけますと幸いです。

その他のご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

長くなりましたが、ここまでお読みいただき有難うございました。

 

院長 水尻大希

西宮北口 阪急西宮ガーデンズ真横の歯医者さん
あおばヒロ歯科クリニック

〒663-8204
兵庫県西宮市高松町19-9 プレミスト西宮北口2F
TEL:0798-67-6480